沖縄のホテル滞在は浜比嘉島リゾートへ

宿泊予約

アクセス

TEL:098-977-8088

4つの離島を巡る午後旅コース
4つの離島を巡る午後旅コース
現在表示しているページ
沖縄 ホテル浜比嘉島リゾート TOP > 周辺観光 > 4つの離島を巡る午後旅コース

沖縄の世界遺産も巡る 4つの離島を巡る午後旅コース

周辺4島をドライブ。「おいしい」も「絶景」も味わう!

10スポットを巡る!(所要時間 約6時間コース)

浜比嘉島に来たなら、他の島にも足をのばして、ゆるりとした時間を。ドライブの途中で、ビーチで過ごすもよし。世界遺産まで足を運ぶもよし。おいしいスイーツも楽しめるモデルコースです。

11:55START!
ホテル浜比嘉島リゾート

12:00①アマミチューの墓

アマミチューの墓

海沿いの道から見える、こんもりと木がそびえる小さな島。徒歩で渡ったら、 左側奥に進みましょう。ここが女性の神様が祀られている「アマミチューの墓」。 アマミキヨは神様になる前は人間だったと言われています。年頭には字比嘉のノロ (祝女)が中心となり、豊穣、無病息災、子孫繁栄を祈願します。墓は岩石を利用 して作られており、現在も大勢の人が参拝に来ます。
※駐車は、海沿いの空スペースに停めさせてもらいましょう。

住所
沖縄県うるま市勝連比嘉105

12:30②古民家食堂てぃーらぶい

古民家食堂てぃーらぶい

旅の前には腹ごしらえ!古民家食堂てぃーらぶいは、その名の通り、 昔ながらの古民家で沖縄家庭料理を味わえる人気のお店。ゆるりとした時間の 中で、島の家庭料理をいただくことができます。定食は1,100円。
庭にはサンゴが 敷き詰められていますが、なぜだかわかりますか?これは、蛇や人が通った時に ザラザラと音が鳴って気付くようにするためのもの。昔の人の知恵ですね。
【営業時間】11:00~16:00。火曜定休。

住所
沖縄県うるま市勝連比嘉105
TEL
098-977-7688

13:45③宮城島の絶景ポイント

宮城島の絶景ポイント

平安座島から宮城島に入り、県道10号線をしばらく進むと、急に右が海に 開けた道路にでます。海を見渡せるおすすめビューポイント! 海がキレイに見渡せます。駐車場はありませんが、路肩に停めて 景色を眺めてみては?浜比嘉島も眺めることができます。
逆方面の進行だと車を停めることができないので、往路で立ち寄りましょう。

14:10④ぬちまーす観光製塩ファクトリー

ぬちまーす観光製塩ファクトリー

沖縄の方言で「命」のことを「ぬち」、「塩」のことを「まーす」。
「ぬちまーす」の製塩工場。ミネラル含有量でギネスに認定されました。 ガイド付きの工場見学(無料)は20分毎に行われています。2階には、カフェや ショップも併設。カフェではぬちまーすを使った、塩スイーツや料理が楽しめ ます。
トリップアドバイザー「行って良かった工場見学2013」で全国2位受賞。
【営業時間】9:00~17:30
(カフェは10:00~)

住所
沖縄県うるま市与那城宮城2768
TEL
098-983-1140

14:55⑤伊計大橋

伊計大橋

宮城島と伊計島をつなぐ赤い橋。橋の両側の海が絶景。橋の上から海をのぞいても、透き通っているのがわかるはず。嘘みたいなきれいなエメラルドグリーンの海に出会えることも!
天気の良い日にドライブしたいスポットです。時々地元の人が何かを獲っているのを目にするかも。小さなタコが獲れるようですよ。左手には大きな船が停泊していますが、これは平安座島の石油コン ビナートに繋がる船です。

15:10⑥伊計ビーチ (通過)

伊計ビーチ (通過)

干満を気にせず泳げるビーチ。浅瀬で子供にも安心。透明度抜群のきれいな 海です。海水浴はもちろんバナナボートやジェットスキー等のマリンスポーツ のほか、夏にはバーベキューや浜焼きも楽しめます。ハブクラゲに刺されないよう、海を囲ってありますので、その外には出ないように注意しましょう。

住所
沖縄県うるま市与那城伊計405
TEL
098-977-8464

15:45⑦世界遺産 勝連城跡

世界遺産 勝連城跡

伊計ビーチで海水浴をしないなら、ぜひ足を延ばして世界遺産へ。2000年、 世界遺産に登録された勝連城跡は、13世紀の築城と考えられるグスク跡。海外 貿易を行うなど繁栄を極めた。この城の最後の城主、阿麻和利は現代版組踊 「肝高の阿麻和利(きむたかのあまわり)」で地元の高校生たちに今も語り 継がれています。
傾斜を利用して積み上げられた城壁が特徴で、そこから望む眺望は雄大。 登るのはちょっと疲れるけれど、360°パノラマは絶景です。北部の山々や、 うるま市の離島、知念半島や久高島も一望できます。

住所
沖縄県うるま市勝連南風原3908 
TEL
098-978-7373 (勝連城跡休憩所)

16:25⑧うるまジェラート

うるまジェラート

地元の果物や野菜を使った、手作りジェラートのお店。うちなーミルク、 沖縄山城紅茶の他、島とうがらし、バジル、といった意外なフレーバーも。 季節限定では、うるまトマトや自家製パセリもあるそうです。おすすめは黄金芋 アイスクリーム。黄金芋は、伊計島で採れる芋で、中身が黄金色で非常に甘味が あります。
生のものは県外持出禁止の品種。 ぜひここでジェラートとして味わってください!
【営業時間】11:00~18:00
(夏季週末のみ10:00~18:00)

住所
沖縄県うるま市与那城照間1860-1
TEL
098-978-8017

16:50⑨海中道路(あやはし館)

海中道路(あやはし館)

4.7kmの海の上を走れるドライブウェイ。天気が良いときは何度も往復したくなるような気持ちよさ。海中道路は、本島と平安座島を結ぶ道路で、東洋一の長さを 誇ります。道路の両サイドは海が広がり、ウィンドサーフィン、海水浴、カイト ボード等のマリンスポーツが盛んです。中間地点には、無料展望台や海の家 あやはし館があり、うるま市の特産品がいっぱい。もずくスープや、黄金芋 チップス、塩せんべい、亀の子せんべいなど、おみやげも揃います。

住所
沖縄県うるま市与那城屋平4
TEL
098-978-0077 (うるま市観光協会)

17:30⑩ノロの墓

ノロの墓

こんなところに!とびっくりするかもしれません。平安座島から、浜比嘉大橋を 渡って左のメイン道路すぐ近くに鍾乳洞の洞窟があります。
ここがノロの墓。 ノロ(祝女)とは沖縄県の公の神女、巫女のことです。階段を登り鳥居をくぐる と、周囲とは雰囲気が一変。厳かな空気を感じるような場所。左手に墓を見ること が出来ますが、右手の階段からさらに上へ登ると鍾乳洞の洞窟になっています。 中は真っ暗で、近寄ることが出来ませんが、神聖な雰囲気を感じに行ってみては? ガイドブックにも載っておらず、小さな標示があるだけの知る人ぞ知るスポット です。

住所
沖縄県うるま市勝連比嘉606

18:00GOAL!
ホテル浜比嘉島リゾート

宿泊プランを探す 

このページのTOPへ